南大阪 福祉サービス事業サポートデスク

放課後等デイサービス費の加算について


放課後等デイサービス費の主な加算についてご案内いたします。

なお、以下に記載の報酬単価は平成27年度改定によるものです。


指導員加配加算


常時見守りが必要な障がい児への支援や障がい児の保護者に対する支援方法の指導を行う等のために、基準を上回る数指導員又は保育士1名以上(常勤換算)配置している場合に算定されます。

つまり、利用定員10名以下の施設の場合、指導員又は保育士の数が常勤換算で3名以上いる場合に算定が可能となります。

○児童指導員等の場合
 定員10名以下          +195単位
 定員11名以上20人以下     +130単位
 定員21名以上          +78単位


○指導員の場合
 定員10名以下          +183単位
 定員11名以上20人以下     +122単位
 定員21名以上          +73単位


児童発達支援管理責任者専任加算


児童発達支援管理責任者の配置にあたって、児童指導員又は保育士等の基準を超えているものを児童発達支援管理責任者として別途配置している場合に加算を算定できます。

管理者と兼務している場合であっても、加算を算定できます。

 (1日につき、重症心身障がい児を除く)
 定員10名以下          +205単位
 定員11名以上20人以下     +102単位
 定員21名以上          +88単位


福祉専門職員配置等加算


良質な人材の確保とサービスの質の向上を促す観点から、福祉専門職員の配置割合により加算を算定できます。

 (1日につき)
 福祉専門職員配置等加算(Ⅰ)    +15単位 … 社会福祉士等の割合が35%以上
 福祉専門職員配置等加算(Ⅱ)    +10単位 … 社会福祉士等の割合が25%以上
 福祉専門職員配置等加算(Ⅲ)    +6単位  … 常勤職員が75%以上又は勤務職員
                          が30%以上


送迎加算


事業所と居宅間の送迎のほか、以下のいずれかに該当し、それが障がい児支援利用計画に掲載されている場合に学校と事業所間の送迎を行った場合に加算を算定できます。

 保護者等が就労等により送迎できない場合であって、
 ①スクールバスのルート上に事業所がない等、スクールバスによる送迎が適当でない場合
 ②スクールバス等での送迎が可能であっても、放課後等デイサービスを利用しない他の
  学生の乗車時間が相当時間延長する等、スクールバスによる送迎が適当でない場合
 ③就学奨励費で学校と放課後等デイサービスの事業所間で送迎手段を確保できない場合
 ④その他、市町村が必要と認める場合

送迎の際に、運転手とは別に、添乗員(指導員等との兼務可)として指定基準上必要な職員を1名以上配置している必要があります(徒歩での送迎は認められません)。

 障がい児(重症心身障がい児を除く)の場合  片道につき+54単位
 重症心身障がい児の場合          片道につき+37単位


家庭連携加算


障がい児の居宅を訪問し、障がい児及びその家族等に対する相談援助等の支援を行った場合(1月に2回を限度)に加算を算定できます。

 (月2回を限度)
 1時間未満       1回につき+187単位
 1時間以上       1回につき+280単位


延長支援加算


営業時間が8時間以上であって、延長時間帯に直接支援業務を従事する者が1名以上配置されており、延長した支援が必要なやむを得ない理由があり、かつ、その理由が障がい児支援利用計画に記載されている場合に加算を算定することができます。

個々の障がい児の実利用時間は問われませんので、サービス提供時間が8時間未満であっても加算の算定は可能です。

○障がい児(重症心身障がい児を除く)の場合
 1時間未満       1日につき+61単位
 1時間以上2時未満   1日につき+92単位
 2時間以上       1日につき+123単位


○重症心身障がい児の場合
 1時間未満       1日につき+128単位
 1時間以上2時未満   1日につき+192単位
 2時間以上       1日につき+256単位


その他の加算及び減算


加算

 ・有資格者配置加算
 ・特別支援体制加算
 ・福祉・介護職員処遇改善加算
  >> 詳しくはこちらをご覧ください。
 ・福祉・介護職員処遇改善特別加算
 ・事業所内相談支援加算
 ・訪問支援特別加算
 ・利用者負担上限額管理加算
 ・欠席時対応加算
 ・医療連携体制加算

減算

 ・定員超過減算(利用者の数が利用定員を超えている)
 ・開所時間減算(休業日の営業時間が6時間に満たない)
 ・職員欠如減算(指導員又は保育士の員数が基準に満たない)
 ・児童発達支援管理責任者欠如加算(一時的に児童発達支援管理責任者の人員基準を満たさ
  なくなった)




○放課後等デイサービス開設サポートメニュー
>> 弊事務所の開業サポート業務について  >> 放課後等デイサービスの概要
>> 事業を始めるための要件とは?     >> 事業開始までの流れ
>> 放課後等デイサービス費の加算について >> 放課後等デイサービス開業Q&A



運営事務所について

開業のご相談について 当サポートデスクについて
ご依頼のメリット 当サポートデスク業務案内


南大阪 福祉サービス事業サポートデスク


業務対応エリア


大阪府 堺市(堺区・北区・中区・西区・東区・南区・三原区)、大阪狭山市、富田林市、
    河内長野市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、
    泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町

和歌山県 和歌山市、岩出市、紀の川市、橋本市、海南市



サービス費の加算について 関連ページ